【本】あなたはどっち?紙派?電子書籍派?それぞれの特徴を紹介!

f:id:shikakou:20190601074957j:plain

本は紙派?それとも電子書籍派?

 

 

どうも、ちーかまと申します。

最近は本好きの人の中でも分かれるであろう、紙派or電子書籍派。

あなたはどちらでしょうか?

どちらもいいところがあると思います。なので今回は両方の特徴などを紹介していこうかと思っています!

ちなみに僕は両刀です。でも本音を言うと、若干の方が使いやすいかなっていう感じがしますかね。それは僕のある癖のせいなのですが…

 

 

紙の本の特徴

さて、まずは紙の本の特徴から見ていきましょう♪

 

・どんな年代の方も購入しやすい・読みやすい

・書き込みや付箋など目印をつけやすい(シェアしやすい)

・電気・ネット環境を必要としない(充電等の必要がない)

・紙の匂いが良い

 

などが挙げられると思います。

それでは一つずつ見ていきましょう!

はじめの「どんな年代の方も購入しやすい・読みやすい」はこれは電子書籍の場合は購入の際にネット環境が必要だし、スマホやPCをある程度使いこなせないと購入することができないのですが、紙の場合は誰でも簡単に書店などで購入して読むことが可能ですよね。これは紙の良い点だと思います。

 

次の「書き込みや付箋など目印をつけやすい」ですが、これは僕が冒頭で言ったというのがコレです。僕は本を読んでいるときとにかく書き込みをします。本当に悪癖なのかも知れないですが、思いついたことなどすべてメモしてしまいます(笑)そういう点で若干紙派かなぁと申したワケです。

あとは資料とか友達とかと内容をシェアするときにわかりやすいですよね。付箋とメモが付いていれば。仕事などで資料としても使うことが多いですから、これも紙ならではといえると思います。

 

次の「電気・ネット環境を必要としない(充電等の必要がない)」は、言わずもがなですよね(笑)大変エコなのも紙の特徴の一つです。充電の残量など気にせずに読書を楽しむことができますよね。

 

最後の「紙の匂いが良い」ですが、一見ふざけているようにも見えますが、本の匂いが好きという方は意外と多いと思いますよ(笑)なので挙げてみました。古本とかの独特の匂いもなかなか良いものですよね(^^♪

 

電子書籍の特徴

続いて、電子書籍の特徴から見ていきましょう♪

 

・本棚を持ち運べる感覚

・買いたいときにスグ買える。

・文字の拡大ができる

・暗いところでも読みやすい(※注意が必要)

ちょっとカッコイイ(デキる人感を味わえるw)

 

一つ目の「本棚を持ち運べる感覚」 これが本当に電子書籍の最大の特徴だと思います。

よくテレビショッピングで電子辞書の紹介をしていますよね。その時に「これだけの辞書がこの一つに入ってるんです!」みたいなお決まりのやつがあると思いますが、電子書籍はそれ以上に入れられることができますよ(笑)本の数でいったら。

一度にそんな沢山読めないから要らないと思うかもしれませんが、好きな場所でキブンによって好きな本が選べるという便利さはあると思います!

 

次の「買いたいときにスグ買える」もそうですね。

読みたい本があって「買おう!」と思ったら5分もかからず買えちゃいます!

本当に便利。ネット環境さえあれば、検索して、購入ボタンを押すだけ。事前にクレジットカードの情報などは登録しておく必要がありますが、それをしても書店や図書館に出かけるよりはずっと時間はかからないでしょう!

 

次の「文字を拡大できる」ですが、紙の本だと文字が小さくて読みにくいって思っている方は電子書籍がおすすめかもしれません。簡単に自分が読みやすい文字サイズまで拡大できるからです。

 

次の「暗いところでも読みやすい」これはまぁ自分で言っておきながら微妙ですね。ぜひ明るいところで読むことをお勧めしますが、(真っ暗な環境ではない前提で)紙の本との差別点として、紙だと読みにくい暗さでも読むことが可能です。ただ明るい方がよいでしょう(笑)

 

最後の「ちょっとカッコイイ(デキる人感)」は本当にあると思います。

何でもかんでも新しいものがいいとは限りませんが、カフェとかでコーヒーを飲みながらデバイス片手に読書なんて洗練されてる感ありません?(笑)僕はあると思うんですよねぇ。そういう気分に浸らせてくれるのも電子書籍のいいとこの一つだと思いますね。

 

まとめ

さてさていかがだったでしょうか?

紙の本と電子書籍やっぱり両方いいと思うんですよね。

ただ言及してませんでしたが、電子書籍化されてない本っていうのもアリマス。そういうのもあって僕は両方だったりするんですが、漫画とかは電子書籍の方がおすすめかもしれません。僕的には電子書籍の方が読みやすいです。

 

ぜひぜひ皆さんも自分のニーズに合わせて、それぞれ利用してみてはいかがでしょうか。

ご覧いただきありがとうございました!

ではまた~(^^♪