僕なりの読書法~独自の読み方で読書をもっと楽しく~

f:id:shikakou:20190601075108j:plain

 

自分なりの読書法で読書はもっと楽しくなる

 

どうも、ちーかまです。

今回は読書法について語っていきたいと思います。

まぁ読書法といっても「普通に最初から最後まで読めばいんじゃね?」って思う方が大半だと思います。

「うん、それで何の問題もないです(笑)」

本当に何も問題ない。それでいいのですが…。

さらに本を理解したい方向けに内容が入ってきやすい読書法を伝授しようかなと思っています。※個人的にはこれから紹介する方法が分かりやすい感じがします。

参考になれば幸いです。それではやっていきましょう!

 

本の読み方は自由

 

はじめに、本の読み方は自由だと思います。

「最初から最後まで一文字残さず読まなければいけない」なんてことはないと僕は思っています。「週刊少年ジャンプ」で興味のないマンガは飛ばすように…

すいません、話題が横に逸れました(笑)

実際に僕は本を読むとき、少し飛ばして読んだりしています。

結果読書スピードが上がって色んな本を読むことができています。

小説などは飛ばして読んでしまっては内容がしっちゃかめっちゃかになってしまうので当てはまらないかもしれませんが…(笑)

それ以外の本、主にビジネス書だったり自己啓発本などは素早く理解できると思います。

 

でもこれを継続してみて根本的な「本を理解する能力」も格段と上がった気がします。

 

 

僕なりの読書法

 

さぁ前説はこのくらいにしといて、僕なりの読書法を紹介していきます。

なんといってもはじめは表紙裏表紙を見ます。

ここにはこの本がどんな本か、そして一番伝えたいことがらが「端的」に示されています。皆さんが書店や図書館で並べられていて最初に目にするのが「表紙」ですよね。

出版する側からしたら、せっかく見てもらったチャンスを逃すまいとセールストークを仕掛けるようなものです(笑)

「この本はこんな内容なんです!ぜひご購入ご検討お願いします!」ってな感じですよね(笑)

だから本を理解する上では最初に目を通しておいた方がよいワケです。

 

次に僕が目にするのが、目次

ざぁ~っと全体像を把握するんですよネ。

こういう流れで話が展開していくのだなぁとか。

テーマごとに区切られているから、最初から読む必要はないなぁとか色々考えます。

実際に惹かれたところから読んでいこうかなぁとか思いますが、まだ読み始めません。

 

次に読むのは「はじめに」とか「まえがき」とかよくある著者の挨拶的なもの。

ここには、本を書いた経緯や著者思い、おおまかなあらすじなどがわかるセンテンスが絶対にあると思います。

それを捕まえたうえで、さぁ本編か…いやいや違うんです。

「終わりに」を読みにいっちゃいます。

この「終わりに」(場合によっては「あとがき」)は全体を読んだ前提で書かれてるし、著者も全部を書き終えたところで書いているので、要するにこの本のまとめのようなものだと思います。

 

「終わりに」を読むことによってなんとなく全体のテイストが掴めたと思います。

横着な人はこれで読んだ気になって「もういいや」ってなってしまうかもですが、それはもったいないと思います(笑)

 

それからはじめて本編に入っていきます。

ここまですごい遠い道のりのように感じるかもしれませんが、実際には5分ほどの工程ですヨ。

 

読み始めていくと、「はじめに」「終わりに」と同じような内容について書かれている部分もあります。そういうところは「もう知っているヨ」と若干飛ばし気味に(ひと通り目は通しますが)読んでいきます。

そうすることで今では1冊3時間くらいで読み切ることができるようになりました!

頑張れば1日1冊も難しくありません。そんな無理して読んだりはしませんが…。

あくまで楽しみながら読みたいからです。

ただ本のタイトルと同じ見出しの章はじっくり読んだ方がいいと思います。本の核の部分だからです。

 

まとめ

今日のポイントをまとめると…

 

・本の表紙・裏表紙をまずよく読む

・目次に目を通して全体像を把握する

・「はじめに」or「まえがき」・「終わりに」or「あとがき」を読んで要旨をつかむ

・同じような内容が書かれている部分は飛ばし気味に読む

・本のタイトルと同じ見出しの章はじっくり読む

 

という感じになります。

はじめにも言いましたがあくまで僕の効率的に本を理解する読み方です…。

なのでちょっと自分には合わないと思う人もいるかもしれません。

そういう方は、色々試したりして自分にとっての読みやすい方法を考案するのも楽しいんじゃないでしょうか?

でもね、この方法で読みやすくなったという人がいてくれたら幸いでございます(^^)/

 

それでは今日はこの辺で!

ではでは~(^^♪